若いのに髪の毛が少ない

私は小さい頃から髪の毛をアレンジするのが大好きで、いろんなヘアゴムでたくさん髪型を変えて楽しんできました。その中で私が中学生の頃から気になり始めたのが、私の髪の毛の少なさです。父もAGAによる薄毛でハゲ上がっています。

中高生時代は運動部だったのでショートカットだったのですが、それにしても髪の毛が少ないのです。実際に髪の毛の量は美容室に行くたびに少ないと言われてますし、髪の毛一本一本が細いのも特徴です。

あだ名で「ハゲ」と呼ばれることも多々あるほど、地肌が人より見えていました。これに対して何も対策はしておらず、前髪の量を後ろから持ってくることで増やすくらいでした。大学生になった今、髪の毛の少なさをごまかす技術は身についてきたのですが、髪の毛の細さが切れ毛を起こすようになってしまいました。髪の毛を染めるようになり、どんどん髪の毛が痛むようになりました。

大人になるにつれて思うのは、若いうちからもっと太い髪の毛が育つようなケアをしておけばよかったなとおもいます。